閉鎖した海賊版サイト「漫画BANK」を解剖、その始まりは中国系老舗BLスキャンレーションコミュニティ「三年五組」

ここ数年の日本向け漫画海賊版サイトの勢いは激しく、2017〜2018年にトップだった「漫画村」は、2018年4月に政府が海賊版サイトの緊急対策として漫画村を含む3サイトを名指しして対策の必要性を指摘したところ、サイトは閉鎖し、最終的に摘発されました。
漫画村の後継を狙うサイトはその後いくつも出現し、その中で最も大きく成長した「星のロミ」は2019年4月に大手出版社4社によってニューヨークで提訴 (翻訳記事)されると、こちらも閉鎖しました。

そして2020〜2021年の間、大手の海賊版サイトとして君臨していたうちの一つが「漫画BANK」であり、1日に海外メディアのTorrentFreakが集英社による漫画BANKに対する法的な要請について報じると、4日午後には以下のメッセージを残してサイトは閉鎖されました。

漫画BANKに掲載された閉鎖のメッセージ (urlscan.io によるスキャン結果)

このメッセージによれば「サーバー維持費用の都合で閉鎖された」と書かれていますが、召喚令状の日時が10月27日以前であることと、この告知のためだけに用意されたと思われるページのドメイン www.2l7[.]net の登録日が10月26日という点から考えれば、令状の存在を知った先月ごろから管理者はサイトを閉鎖することを考えていたのでしょう。

2l7[.]net のWHOIS情報。「Creation Date(作成日)」は2021年10月26日となっている。

そして執筆中の今月15日20時ごろから、名前を変えてサイトは復活しています(その後閉鎖)。

本稿では、私が漫画BANKについて調査した結果から、サイトが技術的にどのような構成で運営されていたか、また運営グループの起源についても焦点を当て、中国系の老舗BLスキャンレーショングループとの関連についても解説します。

“閉鎖した海賊版サイト「漫画BANK」を解剖、その始まりは中国系老舗BLスキャンレーションコミュニティ「三年五組」” の続きを読む

OpenWrtとWireGuardでVPNルーターを作る

これまで自宅内でのVPNの環境をどうしていたかというと、単にOpenVPNクライアントに対応したWi-Fiルーターを購入して、契約しているVPNサービスの情報を登録して接続したデバイスをVPNに経由させていただけでした。しかし最近は、通信速度の面でOpenVPNへの不満がたまりがちになり、高速といわれているWireGuardプロトコルを利用したVPNルーターを作ってみることにしました。

用意するもの

  • OpenWrtに対応したルーター(またはGL.iNetなどの既成品を買う)

“OpenWrtとWireGuardでVPNルーターを作る” の続きを読む

Ryzen 7 5800Uを搭載した最強ノートPC「HP ZHAN 66 Pro」の新型を買った

1年ほど前に「HP ZHAN 66 Pro A 14 G3」を買い、レビュー記事を書きました。そのZHAN 66 Proの新型が最近出ていたので買いました。

“Ryzen 7 5800Uを搭載した最強ノートPC「HP ZHAN 66 Pro」の新型を買った” の続きを読む

スマートウォッチをメーカー製アプリから解放するGadgetbridge

今ではあらゆるメーカーからスマートウォッチが販売されていますが、それを利用するにあたっては多くの場合その専用アプリをインストールしアカウントを作成したりなどの作業が必要になり、そのうえで日々の行動データも収集され、データはメーカーのサーバーに送信されあらゆる目的に使用されます。これは私のような人間にとって非常に煩わしいことで、これのせいで買わない理由の一つになっていました。しかし、専用アプリを介さずにスマートウォッチからデータを収集することでこのような制約から解放する、「Gadgetbridge」という素晴らしいアプリが存在することを知りました。

GadgetbridgeはAmazfit、Mi Bandなどいくつかのメーカー製のスマートウォッチに対応しています。ただし、一部の新しい製品については初回に限りメーカー製アプリでセットアップするなどの作業が必要にあります。私は「Amazfit Bip」を購入しましたが、スマートフォンでペアリングするだけでGadgetbridgeがダミーのユーザーデータを作成してすぐ使えるようになりました。

Gadgetbridge
睡眠の統計

そのほか、スマートウォッチ自体の使い心地としては以下のような感じです。

  • 安い(中古で6000円ほど)
  • Amazfitの電池持ちがいい(2ヶ月はもちそう)
  • 時刻を確認するのに腕を動かすだけでいい
  • 腕へのバイブで確実に通知に気づく
  • 天気など非対応の機能は見れない

マイニングに再参入した、分散型の暗号通貨取引所「Bisq」を使おうとしてやめた

3月末からNiceHashを使った暗号通貨のマイニングに再参入しています。2年前ほど前にも始めており採算が取れなくなった辺りで撤退しましたが、暗号通貨の安全な入手方法としてマイニングが適しているということに今年ようやく気づいて再開しました。中古のGTX 1070とジャンクのGTX 1060 6Gで採掘していましたが、1060はある日煙が出て火も出たため解雇しました。
今後マイニングの利益が0になっても採掘し続ける予定です。

構成

  • CPU:Ryzen 3 3200G (¥9,800)
  • CPUクーラー:(¥1,500)
  • メモリ:DDR4 8GB 2666×2(¥6,000)
  • GPU:GTX 1070(¥18,000)
  • マザーボード:(¥7,000)
  • 電源:750W(¥1,000)
  • HDD:SSD 120GB(¥0)

計:¥43,500

さて、マイニングで得た暗号通貨(NiceHashの場合は自動的にBitcoinで支払われる)にあたって、プライバシー保護に特化した別の暗号通貨「Monero」に交換することを考えていましたが、そこでかねてから存在を知っていた分散型の暗号通貨取引所「Bisq」を使うのはどうだろうかと思い使ってみることにしました。

“マイニングに再参入した、分散型の暗号通貨取引所「Bisq」を使おうとしてやめた” の続きを読む