日本のダークウェブ掲示板「サムライ」で韓国へのサイバー攻撃が計画されていたらしい(いや、嘘だと思う)

4日に複数の韓国メディア(데일리시큐(デイリーセキュリティ)ZDNet Korea디지털데일리(デジタルデイリー))が報じたところによれば、ダークウェブ上の日本語の掲示板「サムライ」において、文在寅政権に不満を持つ約140人ほどのメンバーが、韓国の与党「共に民主党」のウェブサイトに対してDDoS攻撃を行い、サイトは2日ほどダウンしたようです。

この攻撃を確認した韓国のセキュリティ企業NSHCは、ダークウェブ上の掲示板の投稿と攻撃トラフィックの発生状況を観測したとを明らかにしました。

しかし、同企業によって提供された投稿内容は正しいものではなく、攻撃は日本のグループによるものではない(あるいは攻撃すら発生していない)と私は考えています。

“日本のダークウェブ掲示板「サムライ」で韓国へのサイバー攻撃が計画されていたらしい(いや、嘘だと思う)” の続きを読む

Amazonの偽レビュー対策は簡単でないと思う

最近、アマゾン(Amazon.co.jp)に対する評価が、自分やその周辺でも下がってきたように感じています。最大の要因は中国系出品者による大量出品と偽レビュー(やらせレビュー)でしょう。聞いたこともないようなブランドの商品が大量にあるだけでなく、その多くが偽造された星5つ評価を獲得しており、消費者は商品を正しく選ぶことができない状態になっています。

Amazonでの「ワイヤレスイヤホン」の検索結果
Amazonでの「ワイヤレスイヤホン」の検索結果

今回は、問題となっているAmazonにおける偽レビューについて、私なりに調べていて感じたことを書いていきます。特に対策方法などを書いているわけではなく感想文のようなものなので、適当に読んでください。

“Amazonの偽レビュー対策は簡単でないと思う” の続きを読む

大手出版社4社による「星のロミ」提訴の訴状に関するメモ

TorrentFreakは14日、集英社、角川、講談社、小学館など大手出版社4社がニューヨーク地方裁判所に大手漫画海賊版サイト「星のロミ」を提訴したことを伝えました。

星のロミのサイトは(おそらく)TorrentFreakの報道後に閉鎖しています。

訴状はこちら。訴状について気になったことがいくつかあったのでメモを書いておきます。私は法の専門家ではないので、その辺りは省きます。

“大手出版社4社による「星のロミ」提訴の訴状に関するメモ” の続きを読む

DomainWatchのシステムをリニューアルしました

ドメインのWHOISやサイトの情報を調べることのできるサービスDomainWatchですが、7月半ばからシステムに問題が発生し、新規にドメインのWHOISを照会する機能を停止していました。

“DomainWatchのシステムをリニューアルしました” の続きを読む