ダークウェブ闇市場「Dream」の匿名性は破られたか?

Dream Market

ダークウェブ」とは、インターネット接続を匿名化するソフトウェアの「Tor(トーア)」の機能の一つである「Hidden Service(秘匿サービス)」を使用して運営されているウェブサイトのことをおもに指します。秘匿サービスを用いて構築されたサイトの匿名性は非常に高く、第三者がそれらのサイトをホストしているサーバーの場所(IPアドレスなど)を知ることは非常に難しくなっています。

秘匿サービスの高い匿名性を利用して開設されたウェブサイトには、ハッキングやマルウェアに関する話題を取り扱うコミュニティや、違法薬物から銃器、ランサムウェアなどのウイルスまで出品されている闇市場、児童のわいせつな画像や動画が掲載されている児童ポルノサイトなど、法を無視したものもあれば、そうでない普通のものもあり、あらゆるコンテンツが入り混じっています。

しかしこの秘匿サービスの匿名性も完璧というわけではなく、運用方法によってはその匿名性が損なわれるおそれがあります。

かつて最大手の闇市場としてその名を馳せた「Silk Road(シルクロード)」も、サイトの画像認証に用いていたURLにサーバーの位置を特定できる情報が含まれていたことから、それを見つけたFBIによって結果的に摘発へとつながったと言われています。

そして、現在最大手の闇市場として君臨する「Dream Market (Dream)」にも同じ問題がいくつか存在していることがここ数ヶ月のあいだに判明し、大きな話題を呼んでいます。

“ダークウェブ闇市場「Dream」の匿名性は破られたか?” の続きを読む