コインチェックから流出した580億円相当のNEM、匿名暗号通貨「DASH」で資金洗浄される可能性

DASHと洗濯機

仮想通貨取引所のコインチェックから580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した問題で、盗まれたNEMが匿名性の高い別の仮想通貨「DASH」に変換され、それにより資金洗浄が行われる可能性が浮上しました。
開発を行うNEM財団はこの問題について声明を発表し、盗まれた資金の流れを自動の追跡システムを開発し「ハッカーは勝てない」と強気の発言も行いました。これによって事態は沈静化すると見られていましたが、今回の疑惑が事実であれば、さらに事態が悪化する恐れがあります。

さらに、犯人が日本語話者である可能性も同時に浮上しました。

“コインチェックから流出した580億円相当のNEM、匿名暗号通貨「DASH」で資金洗浄される可能性” の続きを読む