漫画村に次ぐ「漫画塔」は、とあるアルメニア人の儚い夢だった

漫画塔

違法な海賊版サイト「漫画村」が姿を消して以降、その後継を狙う日本語の海賊版サイトはいくつか現れてはいましたが、短期間でサイトを閉鎖したり、漫画村と違って取り扱う本の数が少ないことなどから、漫画村の後継を求める人々にとっては不満足な状況が続いていました。

これらの後継とされるサイトで私が発見したものでは「まんがタウン」「mangasmap」「まんが郷」などがあり、これらはすべて何らかの理由から短期間で閉鎖しています。

まんがタウン
まんがタウン
まんが郷
まんが郷

9月下旬に現れたサイト「漫画塔」もそのひとつで、漫画村と同様にサイト上には違法にアップロードされた漫画雑誌や単行本であふれかえっており、その数は1.6万冊にものぼっていました。

漫画塔
漫画塔

今月には公式のTwitterアカウントも開設され、自らが漫画村の意思を受け継ぐ者と言わんばかりにサイトの宣伝を行っていました。画像の文やツイートを見ていくと、運営者はどうやら日本語が得意ではなさそうです。

漫画塔の公式Twitterアカウント
漫画塔の公式Twitterアカウント

URL: https://twitter.com/Mangatawa2 (アーカイブ

私は5日に漫画塔の存在をTwitterで知りました。漫画塔は開設直後で知名度はほとんどなく、サイト自体や運営者に関する情報も調べが進んでいない現状で不用意に名前を出すことは宣伝にしかならないと思い、名前は伏せつつもその存在についてツイートしました。

“漫画村に次ぐ「漫画塔」は、とあるアルメニア人の儚い夢だった” の続きを読む

Cloudflareがウェブサイトを完全に保護するとは限らない (2)

前回の記事:Cloudflareがウェブサイトを完全に保護するとは限らない (1)

前回の記事では、ここ最近日本国内でも導入するサイトが増加している CDN/DDoS保護サービスの「Cloudflare」について、同社が提供するウェブサイトの保護は簡単に破られてしまう恐れがあることについて書きました。
今回の記事は、Cloudflareを利用しているサイトでその保護を突破されないように防ぐ方法について書くつもりでしたが、この問題についてしばらく考えていたところ、Cloudflareにはある致命的な欠陥があることを発見しました。そのため、この記事で紹介する対策は、一部の攻撃に対してある程度の効果はありますが、完全な保護とはなりません。また、そのCloudflareの欠陥についても書きたいと思います。

※この記事に書かれていることはCloudflareに限ったものではなく、他のクラウドWAFでも同じことは十分に起こり得る問題です。今回は都合上Cloudflareと書いています。

“Cloudflareがウェブサイトを完全に保護するとは限らない (2)” の続きを読む

Cloudflareがウェブサイトを完全に保護するとは限らない (1)

最近では日本国内でも導入しているサイトを多く見かけるようになった、CDNサービス大手の「Cloudflare」ですが、CDNだけでなくWAF、さらにはDDoS対策の機能も備わっていながら無料で使えるということで、人気を博しています。

そんなCloudflareを、DDoS攻撃や通報対策としてサーバーのIPアドレスを隠すために利用する方も少なくないようです。ですが、Cloudflareをそのようなリバースプロキシとして用いることが本当に良い手段なのでしょうか?

今回は「Cloudflareを利用するだけで自分のサイトを攻撃から守ることができるのか」ということについて、実例も交えながら考えてみたいと思います。

“Cloudflareがウェブサイトを完全に保護するとは限らない (1)” の続きを読む