Zaifの仮想通貨不正流出で見えてきた「正しいお金の洗い方」

資金洗浄

9月20日、仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社は外部から不正アクセスを受け、同社が管理する70億円相当の仮想通貨が流出したことを公表しました。

仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について|テックビューロ株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000012906.html

盗まれた仮想通貨は「Bitcoin」「Bitcoin Cash」「Monacoin」の3種類です。Zaif側は時間帯と金額以外に詳細は明かしていませんが、不正アクセスのあった9月14日17時から19時ごろに生成された各通貨のブロックの全取引内容を調べると、Bitcoinではブロック #541368 に含まれる取引に、実際にZaifから流出したとみられる巨額の送金履歴が確認できます。

Zaifから盗まれたBitcoinの取引内容
Zaifから盗まれたBitcoinの取引内容

トランザクションID: c3b9a4a0831a65523c81e6a04f6ddf5a7a89f344d990e8a13e5278efe57f4280

この取引ではBitcoinのアドレス 1FmwHh6pgkf4meCMoqo8fHH3GNRF571f9w に5000 BTC(37億円相当)が送金されており、このあとも14日18時42分まで総流出額の大部分がこのアドレスに送金が行われています。

“Zaifの仮想通貨不正流出で見えてきた「正しいお金の洗い方」” の続きを読む

ビットコイン資金洗浄の最新手口はiTunesでの楽曲販売

Bitcoin

テレビCMも放映され、いまや未成年の若者でも扱い始めるなど、どんどん身近になっていく暗号通貨の「ビットコイン (Bitcoin)」ですが、その一方で、違法薬物を販売する麻薬ディーラーや、サイバー犯罪者にとってもこの通貨は魅力的とされ、多くの取引において決済手段として用いられています。
しかし、それらの犯罪で得たBitcoinを自分たちの懐に収めるには、必ず資金洗浄(マネーロンダリング)を行う必要があるため、その方法を確立することは彼らにとって最重要課題となっています。

そんな中、ある詐欺師が実際に行っている驚きの資金洗浄の方法を The Daily Beast が報じています。その方法とは、Appleの音楽配信サービス「iTunes」内で自作の楽曲をリリースし、自分でそれを購入してその売上をAppleから受け取ることで、資金洗浄を行うというものです。

“ビットコイン資金洗浄の最新手口はiTunesでの楽曲販売” の続きを読む