カテゴリー
ニュース

大手出版社4社による「星のロミ」提訴の訴状に関するメモ

TorrentFreakは14日、集英社、角川、講談社、小学館など大手出版社4社がニューヨーク地方裁判所に大手漫画海賊版サイト「星のロミ」を提訴したことを伝えました。

星のロミのサイトは(おそらく)TorrentFreakの報道後に閉鎖しています。

訴状はこちら。訴状について気になったことがいくつかあったのでメモを書いておきます。私は法の専門家ではないので、その辺りは省きます。

カテゴリー
ニュース

最大級のアダルト漫画海賊版サイト「ExHentai」が閉鎖へ

アダルト漫画の海賊版サイトとしてはもっとも規模の大きく、有名(悪名高くもある)な「ExHentai」がサイトを閉鎖する方針を公表しました。サイトのサーバーが設置されているオランダの法改正の影響があるとされています。

カテゴリー
コラム

海賊版対策としての「リーチサイト規制」の効果に期待できない理由

昨年に「漫画村」の問題が深刻化してから、同年4月に政府の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議は「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策」と題し、海賊版サイトへの対策としてサイトへのアクセス制限の実施(ブロッキング)を主とした案を取りまとめました。

このブロッキングについては憲法の「通信の秘密」に反するなど様々な問題があり、今年1月に法制化は断念されました(産経新聞)。その後、違法ダウンロードの対象を漫画を含むすべての著作物に拡大するとともに「リーチサイト」の規制も盛り込まれた著作権法改正案が検討されましたが、こちらも結局、3月13日に政府は著作権法の改正案の提出を見送りました(日経新聞)。

この通りリーチサイト規制は見送られていますが、知的財産戦略本部では引き続き海賊版対策の議論は行われており、ここではリーチサイト規制は法案提出に向けて動きが進んでいるようです(中村伊知哉氏のブログ)。

しかしながらこのリーチサイト規制には、一つ大きな欠陥があるのではないかと私は考えています。本記事では海賊版の現状と、そこからこのリーチサイト規制について考えを述べていきたいと思います。

カテゴリー
リサーチ

無料海賊版サイトのケツ持ちになるのは有料海賊版サイトか?

大手海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)が社会問題化してから、海賊版サイトがどのように収益を生み出しているかという点についてもフォーカスされるようになりました。漫画村に限らず、海賊版サイトの収益化方法として最も使われているのは広告です。

一方で、海賊版の成年向けの同人誌やコミックを掲載する悪名高い大手サイト「エックスブックス(元ドロップブックス)」についても私は継続して調査を行っており、彼らがファイル共有プラットフォームを装って自分らでファイルをアップロードしていたことも明らかにしました。

難攻不落の巨大違法サイト「ドロップブックス」に攻め入る
https://blog.cheena.net/387

SimilarWebの統計では日本における訪問者数のランキングで43位にランクインするほど巨大なサイトのエックスブックスの収益化方法も広告であり、その広告配信の傾向についても私は注目しています。今回の調べでは、広告主として新たに海外に拠点を置く組織の運営する有料の海賊版サイトが、これまであった広告代理店経由のものの代わりとして掲載されていることがわかりました。このような動きが海賊版サイトの経済活動にどのような影響を及ぼすかについて解説していきたいと思います。

カテゴリー
ニュース リサーチ

漫画村に次ぐ「漫画塔」は、とあるアルメニア人の儚い夢だった

違法な海賊版サイト「漫画村」が姿を消して以降、その後継を狙う日本語の海賊版サイトはいくつか現れてはいましたが、短期間でサイトを閉鎖したり、漫画村と違って取り扱う本の数が少ないことなどから、漫画村の後継を求める人々にとっては不満足な状況が続いていました。

これらの後継とされるサイトで私が発見したものでは「まんがタウン」「mangasmap」「まんが郷」などがあり、これらはすべて何らかの理由から短期間で閉鎖しています。

まんがタウン
まんがタウン
まんが郷
まんが郷

9月下旬に現れたサイト「漫画塔」もそのひとつで、漫画村と同様にサイト上には違法にアップロードされた漫画雑誌や単行本であふれかえっており、その数は1.6万冊にものぼっていました。

漫画塔
漫画塔

今月には公式のTwitterアカウントも開設され、自らが漫画村の意思を受け継ぐ者と言わんばかりにサイトの宣伝を行っていました。画像の文やツイートを見ていくと、運営者はどうやら日本語が得意ではなさそうです。

漫画塔の公式Twitterアカウント
漫画塔の公式Twitterアカウント

URL: https://twitter.com/Mangatawa2 (アーカイブ

私は5日に漫画塔の存在をTwitterで知りました。漫画塔は開設直後で知名度はほとんどなく、サイト自体や運営者に関する情報も調べが進んでいない現状で不用意に名前を出すことは宣伝にしかならないと思い、名前は伏せつつもその存在についてツイートしました。