ほぼ脱GoogleしたAndroidで快適に使えるスマホを作る

更新:GSI ROMの更新にTWRPは使えず、毎回PCでfastbootdモードに入る必要があり面倒なため、この手法はおすすめしない。

仕事が来ているかはともかくとして、仕事用とプライベート用で端末を分けたくなり、新しくXiaomiのスマートフォン「Redmi Note 9S」を8月に買いました。中古でちょうど2万円くらい。

私はAndroidが特に好きな一方で、Googleのことは嫌悪していて、Google製のアプリが入った状態では使いたくありません。なのでそれらが排除されたカスタムROMと呼ばれるもののうちの一つ「LineageOS」を好んで使用しています。プライベート用の端末でもこれを使っています。Note 9SにもLineageOSをインストールしようと思っていました。

ちなみに、Android 8.0からは「Project Treble」という機能が実装されています。これは要するにそれまで同一になっていたSoCメーカーの実装とAndroid OSを分離することでOSのアップデートを容易に行えるようになるというものです。これによって仮にNote 9S用のカスタムROMが容易されていなくても、LineageOSのGSIイメージ(Treble用のOSイメージ)が一つあれば対応端末全てにインストールして使うことができます。一応、Note 9S用の非公式ROMは存在しますが、ROMの更新はそれをメンテナンスする人頼みになってしまうというデメリットがあります(GSI版のLineageOSでも同じことだが、まだ希望があると言っていいと思う)。

ただ、完全に脱Googleすると多くのアプリ(私の場合はProtonMailやSlackなど)が使用している「Google Mobile Services (GMS)」でプッシュ通知などの機能が使えなくなってしまいます(OSのAOSPはオープンソースですがGMSはプロプライエタリなため。Huaweiの最近の話と同じです)。これも「microG」などのアプリを使って解決していこうと思います。

そういうわけで、今回はNote 9SにLineageOSのGSI版をインストールして脱Googleしつつ、microGでGMSの使いたい機能だけを使うチュートリアルを書いていきます。

“ほぼ脱GoogleしたAndroidで快適に使えるスマホを作る” の続きを読む

文句なしの最強ノートPC「HP ZHAN 66 Pro A 14 G3」を入手した

こんにちは。

メインで使っているノートPCを新調しました。それまで使っていたのは Huawei MateBook X Pro (Core i7-8550U, 16GB RAM, 512GB SSD, GeForce MX150) でしたが、仮想マシンを大量に起動するとあっぷあっぷになってしまうことが多く、メモリを64GBくらい積めるノートPCをずっと探していました。

そんなときに知り合いから教えてもらったのがHPの「ZHAN 66 Pro A 14 G3」です。ProBook 445 G7の別名らしい。

スペック:

CPU:AMD Ryzen 7 4700U
RAM:16GB DDR4-3200(→64GBに増設)
ストレージ:512GB NVMe SSD、SATA(空)
ポート:USB Type-C 3.1 Gen 1 (Power Delivery, DisplayPort対応)×1、USB 3.1 Gen 1×2、有線LAN、HDMI
ディスプレイ:14インチ、1920×1080
重さ:1.6kg
価格(購入時):4200元(約64000円、その他に送料や関税で+5000円ほど)

僕が重視していた点はメモリの増設、Type-Cでの給電、1.5kg程度の重量、テンキー・DVDドライブ無しでしたがこれはそのすべてにあてはまっていました。そしてRyzen 7 4700Uというノート向け最強CPU。そして素晴らしい安さ。技適も通っているので日本国内でも安心して使えます。

ただ見た目はMateBookと比べるとベゼルがちょっと太いのは残念です。でもテンキーがないのがやっぱりいい。キーボードも打ちやすいです。

買いたい方は中国通販のJD(京東)のリンクを貼っておきます。
https://item.jd.com/100013320628.html

HPのストアからでも買える?
https://store.hp.com/us/en/mdp/business-solutions/hp-probook-445

Ubuntu 20.04 で運用していますが、そのままSSDを入れ替えるだけでは正しく動かず、色々詰まったポイントがいくつかあるので書いておきます。

“文句なしの最強ノートPC「HP ZHAN 66 Pro A 14 G3」を入手した” の続きを読む

ランサムウェアグループの投稿を記録するサイトを作ってみた


今や、多くのランサムウェア(身代金要求型ウイルス)を運営するグループがブログを開設し、侵入した企業のリストを公開し、身代金の交渉が決裂した企業については内部情報の公開を行っています。その数は自分が把握しているもので10サイトはあります。

私はほぼ毎日それらのサイトを訪問しては世界的企業や国内企業がリストに入ったりしていないか見ていますが、全部を一つずつ確認するのも非常に面倒くさいのでそれ専用のサイトを作りました。

Ransomware Tracker
https://ransomwaretracker.cheena.net/

RSSフィードでも購読できます。
https://ransomwaretracker.cheena.net/feed

各ランサムウェアグループの投稿を1ページで見ることができます。1時間ごとに新しい記事が投稿されていないか収集しています。今のところ収集対象のサイトは「Nefilim」「DopplePaymer」の2つしかありません。というのも、彼らのサイトのほとんどは独自のブログシステムで作られていて、表示されているのはタイトルと内容だけで公開日時や更新日時はないといった簡素な作りになっていることが多くデータとして扱いにくいからです。

うまくやる方法が見つかれば追加する予定でいます。あとはPWAにして新規投稿のプッシュ通知を受け取れるようにするなども考えています。

4/28
やめました。

サイトへの攻撃を検知してCloudflareのUnder Attackモードを自動的に有効化する

ここ数週間の間、国内のいくつかのウェブサイトがDDoS攻撃(サイトに多大な負荷をかけることでサービスを停止させる行為)の被害を受けています。私のDomainWatchも攻撃を受け、短い時間のダウンタイムが発生し対策を余儀なくされました。他にもニコニコ生放送などのサイトが攻撃を受けていることを公表しています。

これらの攻撃が同一犯によるものを示す証拠は現在のところありませんが、攻撃時期などから私は同一犯と考えています。

今回は、私がこれらの攻撃の対策をCloudflareの機能を用いて自動化したことについて書いていきます。同様の被害を受けて困っているウェブマスターの方の参考になれば幸いです。

“サイトへの攻撃を検知してCloudflareのUnder Attackモードを自動的に有効化する” の続きを読む