カテゴリー
コラム

ほぼ脱GoogleしたAndroidで快適に使えるスマホを作る

仕事が来ているかはともかくとして、仕事用とプライベート用で端末を分けたくなり、新しくXiaomiのスマートフォン「Redmi Note 9S」を8月に買いました。中古でちょうど2万円くらい。

私はAndroidが特に好きな一方で、Googleのことは嫌悪していて、Google製のアプリが入った状態では使いたくありません。なのでそれらが排除されたカスタムROMと呼ばれるもののうちの一つ「LineageOS」を好んで使用しています。プライベート用の端末でもこれを使っています。Note 9SにもLineageOSをインストールしようと思っていました。

ちなみに、Android 8.0からは「Project Treble」という機能が実装されています。これは要するにそれまで同一になっていたSoCメーカーの実装とAndroid OSを分離することでOSのアップデートを容易に行えるようになるというものです。これによって仮にNote 9S用のカスタムROMが容易されていなくても、LineageOSのGSIイメージ(Treble用のOSイメージ)が一つあれば対応端末全てにインストールして使うことができます。一応、Note 9S用の非公式ROMは存在しますが、ROMの更新はそれをメンテナンスする人頼みになってしまうというデメリットがあります(GSI版のLineageOSでも同じことだが、まだ希望があると言っていいと思う)。

ただ、完全に脱Googleすると多くのアプリ(私の場合はProtonMailやSlackなど)が使用している「Google Mobile Services (GMS)」でプッシュ通知などの機能が使えなくなってしまいます(OSのAOSPはオープンソースですがGMSはプロプライエタリなため。Huaweiの最近の話と同じです)。これも「microG」などのアプリを使って解決していこうと思います。

そういうわけで、今回はNote 9SにLineageOSのGSI版をインストールして脱Googleしつつ、microGでGMSの使いたい機能だけを使うチュートリアルを書いていきます。