Zaifの仮想通貨不正流出で見えてきた「正しいお金の洗い方」

資金洗浄

9月20日、仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社は外部から不正アクセスを受け、同社が管理する70億円相当の仮想通貨が流出したことを公表しました。

仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について|テックビューロ株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000012906.html

盗まれた仮想通貨は「Bitcoin」「Bitcoin Cash」「Monacoin」の3種類です。Zaif側は時間帯と金額以外に詳細は明かしていませんが、不正アクセスのあった9月14日17時から19時ごろに生成された各通貨のブロックの全取引内容を調べると、Bitcoinではブロック #541368 に含まれる取引に、実際にZaifから流出したとみられる巨額の送金履歴が確認できます。

Zaifから盗まれたBitcoinの取引内容
Zaifから盗まれたBitcoinの取引内容

トランザクションID: c3b9a4a0831a65523c81e6a04f6ddf5a7a89f344d990e8a13e5278efe57f4280

この取引ではBitcoinのアドレス 1FmwHh6pgkf4meCMoqo8fHH3GNRF571f9w に5000 BTC(37億円相当)が送金されており、このあとも14日18時42分まで総流出額の大部分がこのアドレスに送金が行われています。

“Zaifの仮想通貨不正流出で見えてきた「正しいお金の洗い方」” の続きを読む

漫画村外伝:広告詐欺と仕掛け人三兄弟

らりっくまとお金

4月に閉鎖した大手海賊版サイト「漫画村」については、その収益化方法として画面に表示される広告(ディスプレイ広告)のほかに、Coinhiveを利用した仮想通貨マイニング、そして閲覧者の見えない部分で広告を表示させる「広告詐欺(アドフラウド)」も含まれていました。

今回漫画村で行われていたのは「隠し広告」とよばれるの広告詐欺の手法の一つで、閲覧者が漫画村のサイトを表示すると、プログラムが「まとめサイト」などを装ったサイトを見えない形で開き、このサイトに掲載されている広告が表示されます。これによってサイト運営者は不正に広告収益を獲得することができます。

この広告詐欺行為のために用意されたサイトの運営者と漫画村の関係についてはおそらく直接的な関係はそれほどなく、その間を取り持っているのは広告代理店とみられます。彼らが中心となって漫画村における広告詐欺を主導し、漫画村の運営者とも金銭的なやりとりなど密接な関係にあったのではないかと私は考えています。

“漫画村外伝:広告詐欺と仕掛け人三兄弟” の続きを読む