ダークウェブの住人たちを襲う次世代の「プロキシ型」フィッシング詐欺

匿名通信ソフトの「Tor(トーア)」には、利用者のインターネット通信の発信元を特定しづらくさせるだけでなく、サーバーのIPアドレスも隠蔽することでサイトの物理的な所在地を不明にさせる「Hidden Service(秘匿サービス)」という機能が備わっています。

その機能を用いて構築されたウェブサイトには、2004年から存在する日本語では最古の「Onionちゃんねる」のような一般的な掲示板もあれば、かつて存在した「Silk Road」「AlphaBay」のような世界最大の闇市場まで、Torの高い匿名性によって法の制限を受けない違法なウェブサイトが今でも数多く存在しています。

現在、その闇市場の中でも最大の勢力を誇っているのが「Dream」という闇市場です。Dreamは2013年から存在する老舗の闇市場で、本ブログでも過去に当局の捜査をかく乱させようとする動きを取り上げています。

Dream Market
Dream Market

Dreamのみならず、ダークウェブの闇市場のほぼすべては会員制のサイトになっています。ユーザーがサイトを利用するためには従来のサイトと同じように会員登録を行い(だいたいの場合無料)、アカウントにひもづく「ウォレット」に仮想通貨でチャージし、出品されている違法薬物などの商品を購入します。メルカリやヤフオクで古本を買うのと流れは大して変わりません。

逆に出品したい場合は、一定額を支払うことで出品者となる権利を得ます。これはマーケット内での詐欺や低品質な商品の出品などを防ぐためと考えられます。

ここでポイントになるのが、ウォレットにチャージするという手続きです。ユーザーがほしい商品があるたびに所定額をウォレットにチャージし、購入するといった手続きが煩わしい場合には、一度に数万〜数十万をチャージすることもあるでしょう。また、購入者ではなく販売者の場合には、商品が売れた場合にはウォレットに売り上げ額が振り込まれます(このあたりはサイトによって違いがあるかもしれません)。

要するに、たいていのユーザーのウォレットにはある程度の資金が残っていることがあるということです。そしてダークウェブ上で活動する詐欺師たちはこれに目をつけ、これまでとは少し違ったやり方で仮想通貨を奪い取っていきます。

“ダークウェブの住人たちを襲う次世代の「プロキシ型」フィッシング詐欺” の続きを読む