ダークウェブの住人たちを襲う次世代の「プロキシ型」フィッシング詐欺

匿名通信ソフトの「Tor(トーア)」には、利用者のインターネット通信の発信元を特定しづらくさせるだけでなく、サーバーのIPアドレスも隠蔽することでサイトの物理的な所在地を不明にさせる「Hidden Service(秘匿サービス)」という機能が備わっています。

その機能を用いて構築されたウェブサイトには、2004年から存在する日本語では最古の「Onionちゃんねる」のような一般的な掲示板もあれば、かつて存在した「Silk Road」「AlphaBay」のような世界最大の闇市場まで、Torの高い匿名性によって法の制限を受けない違法なウェブサイトが今でも数多く存在しています。

現在、その闇市場の中でも最大の勢力を誇っているのが「Dream」という闇市場です。Dreamは2013年から存在する老舗の闇市場で、本ブログでも過去に当局の捜査をかく乱させようとする動きを取り上げています。

Dream Market
Dream Market

Dreamのみならず、ダークウェブの闇市場のほぼすべては会員制のサイトになっています。ユーザーがサイトを利用するためには従来のサイトと同じように会員登録を行い(だいたいの場合無料)、アカウントにひもづく「ウォレット」に仮想通貨でチャージし、出品されている違法薬物などの商品を購入します。メルカリやヤフオクで古本を買うのと流れは大して変わりません。

逆に出品したい場合は、一定額を支払うことで出品者となる権利を得ます。これはマーケット内での詐欺や低品質な商品の出品などを防ぐためと考えられます。

ここでポイントになるのが、ウォレットにチャージするという手続きです。ユーザーがほしい商品があるたびに所定額をウォレットにチャージし、購入するといった手続きが煩わしい場合には、一度に数万〜数十万をチャージすることもあるでしょう。また、購入者ではなく販売者の場合には、商品が売れた場合にはウォレットに売り上げ額が振り込まれます(このあたりはサイトによって違いがあるかもしれません)。

要するに、たいていのユーザーのウォレットにはある程度の資金が残っていることがあるということです。そしてダークウェブ上で活動する詐欺師たちはこれに目をつけ、これまでとは少し違ったやり方で仮想通貨を奪い取っていきます。

“ダークウェブの住人たちを襲う次世代の「プロキシ型」フィッシング詐欺” の続きを読む

ダークウェブ闇市場「Dream」の匿名性は破られたか?

Dream Market

ダークウェブ」とは、インターネット接続を匿名化するソフトウェアの「Tor(トーア)」の機能の一つである「Hidden Service(秘匿サービス)」を使用して運営されているウェブサイトのことをおもに指します。秘匿サービスを用いて構築されたサイトの匿名性は非常に高く、第三者がそれらのサイトをホストしているサーバーの場所(IPアドレスなど)を知ることは非常に難しくなっています。

秘匿サービスの高い匿名性を利用して開設されたウェブサイトには、ハッキングやマルウェアに関する話題を取り扱うコミュニティや、違法薬物から銃器、ランサムウェアなどのウイルスまで出品されている闇市場、児童のわいせつな画像や動画が掲載されている児童ポルノサイトなど、法を無視したものもあれば、そうでない普通のものもあり、あらゆるコンテンツが入り混じっています。

しかしこの秘匿サービスの匿名性も完璧というわけではなく、運用方法によってはその匿名性が損なわれるおそれがあります。

かつて最大手の闇市場としてその名を馳せた「Silk Road(シルクロード)」も、サイトの画像認証に用いていたURLにサーバーの位置を特定できる情報が含まれていたことから、それを見つけたFBIによって結果的に摘発へとつながったと言われています。

そして、現在最大手の闇市場として君臨する「Dream Market (Dream)」にも同じ問題がいくつか存在していることがここ数ヶ月のあいだに判明し、大きな話題を呼んでいます。

“ダークウェブ闇市場「Dream」の匿名性は破られたか?” の続きを読む

サイト利用者に仮想通貨を採掘させる「Coinhive」は新たな収益化方法になるか

Coinhive

Coinhive」は、自分のウェブサイトにJavaScriptのコードを埋め込み、アクセスしたパソコンに仮想通貨の「Monero」を採掘させることで収益化を行うサービスです。MoneroはBitcoinと比べて匿名性が高く、近年注目されている派生コインです。2013年にもBitcoinを採掘するTidbitなどの似たようなサービスが登場しましたが、当時は新たな収益化方法としてはあまり注目されませんでした。

“サイト利用者に仮想通貨を採掘させる「Coinhive」は新たな収益化方法になるか” の続きを読む

難攻不落の巨大違法サイト「ドロップブックス」に攻め入る

「フリーブックス」の騒動以降、私はこのサイトを運営していたグループが他にも運営していると思われる違法サイトについて現在も継続的に調査を行っています。その中で最も悪名高いサイトが、海賊版の同人誌や成年コミックを掲載している「dropbooks(ドロップブックス)」です。

2014年の2月に現れたこのサイトは、かつては取り扱うコンテンツが成人向け漫画と一般漫画で分かれていました。

2014年2月のdropbooks
2014年2月頃のdropbooks (dropbooks.biz) [キャッシュ]

しかし、同年8月下旬になって一般漫画の取り扱いをやめ、アダルト専用のサイトへと変化したようです。

サイトの規模は非常に大きく、ウェブサイトのアクセス調査サービスを手がける「SimilarWeb(シミラーウェブ)」によると、ドロップブックスは日本で38番目にアクセスの多いサイトにランクインしており、ここ6ヶ月間の訪問者数は計4000万人にも達しています。

このサイトが悪名高いと言われている理由に、アップロードされたファイルへの削除要請を権利者によるものであっても受け付けないという点や、削除されたとしてもすぐにまた同じファイルがアップロードされてしまうなど、その執拗さから、運営者らが「ユーザー生成コンテンツ(UGC)」というプラットフォームを装い、自身でファイルをアップロードしているのではないかという疑惑が生じていることなどがあります。

そんな中、私がこのサイトを調査していたところ、ある通常の処理をサイトに行わせると、サイトのデータベースに含まれるデータが漏洩するバグが存在することを発見しました。そして、その情報にはファイルをアップロードした投稿者のIPアドレスも含まれており、なんとその多くが実際のユーザーのIPアドレスではなく、サイト運営者らの所有するIPアドレスであるということが判明しました。つまり、疑惑通りこのサイトの運営者らはファイルのアップロードをユーザーからのものと偽り、自作自演で自分のサイトを盛り上げていたのです。

“難攻不落の巨大違法サイト「ドロップブックス」に攻め入る” の続きを読む

漫画違法配信サイト「漫画村」の黒幕に迫る

漫画村

私は数ヶ月にわたり、海賊版の漫画を違法配信するサイトとしては最大手の「漫画村」の詳細について調査を進めていました。私一人では調べられることにも限界があり、途中で壁に突き当たることになってしまいましたが、これまでに掘り下げたものを公開することで、誰かが持っている情報と関係しているか知ることができると思い、中途半端な内容ではあるものの、この記事を公開することを決断しました。

ことし5月上旬に「フリーブックス」の騒動があって以降、その代替サイトとも言われるようになった漫画村は、フリーブックスと同様、サイトには多数の海賊版の漫画が並んでおり、大量のアクセスを集めてたちまちサイトは急成長していきました。

漫画村の運営者らは「運営会社はベトナムにある」と主張し、日本の著作権者の削除要請などには応じない姿勢を見せていました。しかし、私の今回の調査では、実際の彼らの運営拠点はベトナムではなく日本にあり、ベトナムを拠点にしているというのは嘘であり、海外のペーパーカンパニーを後ろ盾に、日本からこれらの活動を行っているのではないかと考えています。

“漫画違法配信サイト「漫画村」の黒幕に迫る” の続きを読む