カテゴリー
コラム

「ポケットモンスター ソード・シールド」におけるポケモンのタマゴ孵化や「かえんだま」入手作業を自動化する

12/11: いくつか追記しました。

「かえんだま」が入手しづらいらしい。11月15日発売のNintendo Switchのゲーム「ポケットモンスター ソード・シールド(剣盾)」での話です。僕も買って、プレイ時間はもう300時間弱になりました。

かえんだまは持たせると「やけど」状態になるアイテムで、状態異常時に攻撃力が1.5倍になる特性「こんじょう」のポケモンにこれを持たせるコンボが前々からあったわけです。このかえんだまを今作で入手するには、クリア後にシュートスタジアムでトーナメントを開催して優勝すると、ボールガイという、自分をモンスターボールと思っている男から低確率でもらえます。要するにこのために3人とポケモン対戦をして勝つ必要があります。1周でかかる時間はだいたい10分くらいで、300周(50時間?)以上しても出ないらしい。

このヤバさが伝わってきたでしょうか。今回は、マイコンを使ってキー入力を代行させることでこのトーナメント周回を自動化し、楽に作業していこうと思います。

カテゴリー
コラム

Amazonの偽レビュー対策は簡単でないと思う

最近、アマゾン(Amazon.co.jp)に対する評価が、自分やその周辺でも下がってきたように感じています。最大の要因は中国系出品者による大量出品と偽レビュー(やらせレビュー)でしょう。聞いたこともないようなブランドの商品が大量にあるだけでなく、その多くが偽造された星5つ評価を獲得しており、消費者は商品を正しく選ぶことができない状態になっています。

Amazonでの「ワイヤレスイヤホン」の検索結果
Amazonでの「ワイヤレスイヤホン」の検索結果

今回は、問題となっているAmazonにおける偽レビューについて、私なりに調べていて感じたことを書いていきます。特に対策方法などを書いているわけではなく感想文のようなものなので、適当に読んでください。

カテゴリー
コラム

海賊版対策としての「リーチサイト規制」の効果に期待できない理由

昨年に「漫画村」の問題が深刻化してから、同年4月に政府の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議は「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策」と題し、海賊版サイトへの対策としてサイトへのアクセス制限の実施(ブロッキング)を主とした案を取りまとめました。

このブロッキングについては憲法の「通信の秘密」に反するなど様々な問題があり、今年1月に法制化は断念されました(産経新聞)。その後、違法ダウンロードの対象を漫画を含むすべての著作物に拡大するとともに「リーチサイト」の規制も盛り込まれた著作権法改正案が検討されましたが、こちらも結局、3月13日に政府は著作権法の改正案の提出を見送りました(日経新聞)。

この通りリーチサイト規制は見送られていますが、知的財産戦略本部では引き続き海賊版対策の議論は行われており、ここではリーチサイト規制は法案提出に向けて動きが進んでいるようです(中村伊知哉氏のブログ)。

しかしながらこのリーチサイト規制には、一つ大きな欠陥があるのではないかと私は考えています。本記事では海賊版の現状と、そこからこのリーチサイト規制について考えを述べていきたいと思います。

カテゴリー
コラム 日記

コインチェックをハッキングしたのは本当に北朝鮮なんですか?

日本の仮想通貨取引所大手のコインチェックが、昨年1月26日に外部からサイバー攻撃を受け、同社が保有する仮想通貨(当時で580億円分)を盗まれた事件から1年が経過しました。この事件の実行犯は今も逮捕されていません。

当時はこの犯人について様々な説が流れました。例えば、韓国の情報機関の国家情報院は早い段階で「北朝鮮の犯行が疑われる」と話しました(ロイター)。しかし、その根拠については明らかにしていません。ほかにも内部犯行説などが流れましたが、結局のところ現在まで真相は闇の中です。

1年ぶりにこの話題が再燃しているのは、何も1周年だからというだけではありません。今月5日に国連安全保障理事会が公表した北朝鮮に関する報告書では、北朝鮮が経済制裁を逃れサイバー攻撃によって巨額の外貨獲得を行っていることを明らかにしました。このうち、2017年〜18年にかけてアジアの仮想通貨交換業者に対して行われた5回のサイバー攻撃では5億7100万ドル(約630億円)を盗んだとしています。

この「アジアの交換業者」にはコインチェックも含まれており、その被害額のほとんどを占めています(約580億円)。つまりコインチェック事件は北朝鮮によって行われたということです。しかし、果たしてこの発表を鵜呑みにしていいものなのでしょうか?情報の出処を詳しく確認してみましょう。

カテゴリー
コラム リサーチ

ダークウェブの住人たちを襲う次世代の「プロキシ型」フィッシング詐欺

匿名通信ソフトの「Tor(トーア)」には、利用者のインターネット通信の発信元を特定しづらくさせるだけでなく、サーバーのIPアドレスも隠蔽することでサイトの物理的な所在地を不明にさせる「Hidden Service(秘匿サービス)」という機能が備わっています。

その機能を用いて構築されたウェブサイトには、2004年から存在する日本語では最古の「Onionちゃんねる」のような一般的な掲示板もあれば、かつて存在した「Silk Road」「AlphaBay」のような世界最大の闇市場まで、Torの高い匿名性によって法の制限を受けない違法なウェブサイトが今でも数多く存在しています。

現在、その闇市場の中でも最大の勢力を誇っているのが「Dream」という闇市場です。Dreamは2013年から存在する老舗の闇市場で、本ブログでも過去に当局の捜査をかく乱させようとする動きを取り上げています。

Dream Market
Dream Market

Dreamのみならず、ダークウェブの闇市場のほぼすべては会員制のサイトになっています。ユーザーがサイトを利用するためには従来のサイトと同じように会員登録を行い(だいたいの場合無料)、アカウントにひもづく「ウォレット」に仮想通貨でチャージし、出品されている違法薬物などの商品を購入します。メルカリやヤフオクで古本を買うのと流れは大して変わりません。

逆に出品したい場合は、一定額を支払うことで出品者となる権利を得ます。これはマーケット内での詐欺や低品質な商品の出品などを防ぐためと考えられます。

ここでポイントになるのが、ウォレットにチャージするという手続きです。ユーザーがほしい商品があるたびに所定額をウォレットにチャージし、購入するといった手続きが煩わしい場合には、一度に数万〜数十万をチャージすることもあるでしょう。また、購入者ではなく販売者の場合には、商品が売れた場合にはウォレットに売り上げ額が振り込まれます(このあたりはサイトによって違いがあるかもしれません)。

要するに、たいていのユーザーのウォレットにはある程度の資金が残っていることがあるということです。そしてダークウェブ上で活動する詐欺師たちはこれに目をつけ、これまでとは少し違ったやり方で仮想通貨を奪い取っていきます。