匿名ドメイン登録サービス「Njalla」でドメインを取得しよう

Njalla」は完全に匿名でドメインを取得できるサービスです。今年4月に開始されたばかりで、その創設者は「The Pirate Bay」で知られるスウェーデンのピーター・スンデです。

従来、ドメインを登録するには公開しなければならない連絡先情報として登録者の氏名、住所、電話番号などの個人情報の提出が義務づけられています。多くのレジストラではWhoisでそれらの情報を照会した際に、代理でレジストラの連絡先を公開するサービスがオプションで用意されていますが、登録時にレジストラに個人情報を提供しなければならないことに変わりはありません。

そこでNjallaを利用すると、それらの個人情報を入力することなくドメインを登録することができます。その仕組みは、Njallaはほかのレジストラと違い、ドメインの所有権は利用者ではなくNjallaにあり、利用者にはその使用権のみが与えられているためです。

支払いにはPayPalのほかにBitcoin, Litecoin, Monero, DASHなどの仮想通貨も受け入れており、さらに匿名性を強化するためにダークウェブ上のURLも用意されています。

さらにユニークな点は、登録時にメールアドレスの代わりにインスタントメッセンジャーの「XMPP (Wikipedia)」のアドレスを用いることもでき、Njallaから送られてくるメールをPGPで署名および暗号化するオプションも用意されていることです。

使い方

Njallaのホームページにアクセスし、ほかのレジストラでそうするのと同じようにほしいドメインが登録可能かどうかをチェックします。登録可能であれば「SELECT DOMAIN」と表示されるので、それをクリックするとカートに入ります。別にドメインを検索して追加するか、そのまま「CHECKOUT」で決済画面に移ることもできます。

Njalla チュートリアル ステップ1

ログインが求められるので、メールまたはXMPPのアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成してください。

決済の流れとしては、一度Njallaにデポジットをする→そのデポジットで購入という形になります。

Njalla チュートリアル ステップ2

Njalla チュートリアル ステップ3

決済にPayPalを利用した場合はおそらく即時反映されると思いますが、Bitcoinなどの仮想通貨の場合は4承認が必要になるので、デポジットされるまでおよそ40分は待つ必要があります。

Njalla チュートリアル ステップ4

4承認されると、自動で登録済みドメイン一覧の画面にリダイレクトされます。

Njalla チュートリアル ステップ5

デフォルトではネームサーバーはNjallaのDNSサービスである ns1.njal.la と ns2.njal.la に設定されており、この画面でDNSレコードが設定できます。ネームサーバーの変更は「CHANGE NAMESERVERS」から行えます。

感想:
cheena.net もNjallaで管理していますが、今の所不満や問題点はありません。あえて書くなら、ドメインの価格が4段階に分かれているところでしょうか。

投稿をシェア

“匿名ドメイン登録サービス「Njalla」でドメインを取得しよう” への7件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。