匿名のネットを提供する「匿名VPNサービス」のレビュー

インターネット上で何らかの活動を行うと、自分が加入しているインターネットサービスプロバイダ(ISP)から付与された「IPアドレス」という個人を特定できる発信元の情報が必ず記録されます。
「2ちゃんねる」などの掲示板で犯行予告があると、警察は運営者にサイトのログに記録された投稿者のIPアドレスの開示を請求し、次にISPにそのIPアドレスを付与された契約者の情報を照会するように要請して、身元がわかれば容疑者を逮捕します。
民事事件で、SNSなどで誹謗中傷などを行った投稿者に裁判を起こしたいというようなケースでも、原告は同様にサイトの運営会社に発信者のIPアドレスの 開示を請求し、その後ISPに対して、一般的には「発信者情報開示請求」と言われる形で裁判を起こし、その情報をもとに被告に損害賠償請求などを行いま す。

このように「匿名」でインターネットを利用するうえで、IPアドレスというものは重要な情報の一つであり、この情報をどうにかして隠蔽しないことにはインターネット上では本当に匿名でいることはできません。

そこで今回ご紹介する「匿名VPN」ですが、これは「バーチャルプライベートネットワーク(VPN)」という、本来はインターネット上で別の場所に安全に接続できる技術を用いて、ユーザーのIPアドレスを匿名化するサービスです。

注)この記事は不法行為を奨励するものではありません。

匿名VPNサービスと匿名ツール「Tor」との違いは、単にTorを利用しただけではTorブラウザ内や、Torのプロキシを設定したアプリケー ションのみでその力を発揮しますが、VPNはコンピュータのネットワーク全体がVPN経由になるので、よくある「Torの匿名を破る」といったようなこと が起きません(WebRTC問題などもありますが)。
またTorはUDPプロトコルをサポートしていませんが、VPNはUDPプロトコルをサポートしているので、ここから情報が漏れることもありません。
「Tor経由でBitTorrentをするな」もよく聞く話ですが、ほとんどの匿名VPNサービスはファイル共有目的での利用を許可しているので、 BitTorrent、Winny、Share、Perfect Darkなどのソフトウェアで身元を隠して安全にダウンロードすることができます。
過去記事も参照ください。

TorとVPNとプロキシの関係
https://blog.cheena.net/2016/10/20/torとvpnとプロキシの関係/

世界には多種多様な匿名VPNサービスが存在しますが、今回その中でも僕の独断と偏見で信頼するに足ると判断した業者をいくつか紹介していきます。

VPNのスピードテスト環境は某所で契約したロシアのWindows VPSです。速度はスピードテストをするには申し分ないです。
(※記事執筆中に契約解除となったのでいくつかのVPNサービスのスピードテストの画像は掲載できませんでした)

用語解説

Tor-VPN

TorでVPNのサーバーに接続し、インターネットに接続するタイプのVPN。VPNサービスの運営会社にIPアドレスを知られることなくVPNのサーバーに接続することができるので、速度が低下したりTorのサーキットも固定されるということもありますがより安全です。
(イメージ:自分 -> Tor -> VPN -> インターネット)

キルスイッチ

何らかの理由でVPNの接続が切断された際に、生のIPアドレスで通信しないように接続が切れた間はインターネットに接続できなくする仕組み。
主にそのサービス提供会社作成のVPNクライアントを使うことでその機能が利用できます。

ダブルVPN

VPNのサーバーを1つではなく2つ経由してインターネットに接続するVPNのこと。Torと似た感じだと思います。トリプルVPN、クアッドVPNなどもあります。

ポートフォワーディング

VPNのIPアドレスでTCPポートを開放すること。BitTorrentなどを使うときによく用いられます。この機能を提供しているかどうかはサービス運営会社によります。特に明記していないものは無料です。

AzireVPN

スウェーデンのVPNサービス。VPNのサーバーにはハードドライブを使用せず、リードオンリーのRAMディスクで運用しているそうです。

  • プロトコル:OpenVPN
  • サーバー所在国:スペイン、スウェーデン、アメリカ、イギリス
  • 価格:5ユーロ/1ヶ月、13/3ヶ月、45/1年
  • 支払い方法:クレジットカード、PayPal、Bitcoin
  • URLhttps://azirevpn.com/

特になし。あえて言えばサーバーが少ないのと、コントロールパネルがシンプルすぎて逆にわかりづらいかもしれません。
ダウンロードは5Mbpsほどでそれほど速くはありませんでした。

DoubleVPN

ロシア系のフォーラムで宣伝されていた匿名VPNサービス。

  • プロトコル:OpenVPN
  • 種類:シングルVPN、ダブルVPN、トリプルVPN、クアッドVPN
  • サーバー所在国:いっぱい
  • 価格
  • 支払い方法:クレジットカード、PayPal、Bitcoin
  • URLhttps://doublevpn.com/

トライアル版を試してみましたが速度がかなり遅く使い物になりませんでした。おすすめしません。

Elite VPN Service

ロシア系の人々に人気の匿名VPNサービス。

  • プロトコル:PPTP/OpenVPN
  • 種類:シングルVPN、ダブルVPN、クアッドVPN
  • サーバー所在国https://vpn-service.us/servers/
  • 価格:30ドル/30日、80ドル/90日
  • 支払い方法:WebMoney(ロシア)、Perfect Money、Bitcoin、Litecoin、Interkassa(クレジットカード)
  • 追加情報:Tor-VPNあり(VPN->Tor?)、ポートフォワーディングあり(有料)
  • URLhttp://vpn-service.us/ref/152317/

価格は高めで強気。モルドバ共和国でスピードテストを行い、ダウンロードは10Mbpsと悪くない結果でした。モルドバ共和国のサーバーはおすすめ。

Mullvad

かなり有名なスウェーデンの匿名VPNサービス。前まではアメリカ、ドイツ、オランダ、スウェーデンにしかサーバーがなかったものの、儲かっているのか最近になって大量にサーバーが増えました。

  • プロトコル:PPTP/OpenVPN
  • サーバー所在国:オーストリア、ベルギー、カナダ、スイス、ドイツ、デンマーク、スペイン、イギリス、リトアニア、オランダ、ノルウェー、ルーマニア、スウェーデン、シンガポール、アメリカ
  • 価格:4.36ドル/1ヶ月、8.73ドル/2ヶ月、13.09ドル/3ヶ月、17.47ドル/4ヶ月、26.19ドル/6ヶ月、53.11ドル/1年
  • 支払い方法:Bitcoin、クレジットカード(PayPal)
  • 追加情報:ポートフォワーディングあり、IPv6サポート、DNS漏れ対策あり、キルスイッチあり、無料トライアルあり
  • URLhttps://mullvad.net/

ついこの間まで速度の遅さから見限りつつあったのですが、最近スピードテストしてとても良い結果が出たので十分使えます。3時間の無料トライアルもあり、価格も安いのでおすすめです。

MultiVPN

ロシア系のフォーラムで宣伝されていた匿名VPNサービス。通信をECCで暗号化するVPNは珍しいです。

    • プロトコル:OpenVPN
    • 種類:シングルVPN、ダブルVPN、トリプルVPN
    • サーバー所在国:オーストラリア、カナダ、チェコ、ドイツ、フランス、ルクセンブルク、日本、ラトビア、オランダ、ロシア、スウェーデン、シンガポール、ウクライナ、イギリス、アメリカ
    • 価格:9ドル/1ヶ月、86.4ドル/1年
    • 支払い方法:WebMoney(ロシア)、Perfect Money、Bitcoin、Litecoin、DASH、Dogecoin

URL:
https://multi-vpn.us/
http://multivpnwbercchz.onion/ (Tor)

スピードは普通。日本にサーバーがあるのは珍しい。特に問題はなし。おすすめ。

NordVPN

なんか人気だったので契約しました。パナマの匿名VPNサービスです。

追加情報:Tor-VPNあり、DNS漏れ対策あり、キルスイッチあり、SOCKSプロキシあり

場所によりますがスピードは早めです。
サーバーがあまりに多いのと、ディスカウント率が高すぎて何かの罠じゃないかと疑ってしまいますが、サービス自体に今のところ問題はありません。
マニュアルなども充実しており、親切です。

OVPN.se

かなり本気めのVPNサービス。サーバーはHDDを使用せず、すべてメモリ上で稼働。USBポートも塞いでいるそうです。

    • プロトコル:OpenVPN
    • サーバー所在国:スウェーデン、ドイツ、オランダ、カナダ
    • 価格:10.99ドル/1ヶ月、24.99ドル/3ヶ月、84ドル/1年
    • 支払い方法:クレジットカード、PayPal、Bitcoin
    • 追加情報:ポートフォワーディングあり、IPv6サポート、DNS漏れ対策あり、キルスイッチあり、HTTPプロキシあり(有料)
    • URLhttps://www.ovpn.se/

(紹介コード: 0e923889552be56)

スピードテスト(スウェーデン)

スピードは普通。
サービスをすべてメモリ上で稼働させるなど、その運営方針が気にいった方は試してみてもいいと思います。おすすめ。

VIP72

老舗の串屋として有名ですが、VPNサービスも提供しています。

    • プロトコル:OpenVPN
    • 種類:シングルVPN、ダブルVPN

サーバー所在国
シングルVPN:ラトビア、ドイツ、スイス、オランダ、スウェーデン、アメリカ、マレーシア、香港、パナマ、ルクセンブルク
ダブルVPN:スイス→ラトビア、ドイツ→オランダ、ドイツ→スウェーデン、イギリス→フランス、イギリス→ベルギー、オランダ→ルクセンブルク、アメリカ→ヨーロッパ(?)

  • 価格:30ドル/30日、45ドル/50日、70ドル/90日
  • 支払い方法:PerfectMoney、Bitcoin
  • URLhttps://vip72.org/VPN/

スピードテスト(マレーシア)
VIP72

値段が高いうえに、契約してもすべての国のサーバーが使えるわけではなく、契約時に決めた一つの国のサーバーしか使うことができないので、おすすめできません。

投稿をシェア

“匿名のネットを提供する「匿名VPNサービス」のレビュー” への2件の返信

  1. 契約しているのが期限切れる時期だったのでためになりました。
    オフショアのとこが人気みたいですね。
    OVPN.seかMullvadが気になりました。

    1. Mullvadは20〜30Mbpsは出て速いのでおすすめです。OVPNはそれほど高速ではありませんが設備が他社と違うのが強みだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。