ビットコイン資金洗浄の最新手口はiTunesでの楽曲販売

テレビCMも放映され、いまや未成年の若者でも扱い始めるなど、どんどん身近になっていく暗号通貨の「ビットコイン (Bitcoin)」ですが、その一方で、違法薬物を販売する麻薬ディーラーや、サイバー犯罪者にとってもこの通貨は魅力的とされ、多くの取引において決済手段として用いられています。
しかし、それらの犯罪で得たBitcoinを自分たちの懐に収めるには、必ず資金洗浄(マネーロンダリング)を行う必要があるため、その方法を確立することは彼らにとって最重要課題となっています。

そんな中、ある詐欺師が実際に行っている驚きの資金洗浄の方法を The Daily Beast が報じています。その方法とは、Appleの音楽配信サービス「iTunes」内で自作の楽曲をリリースし、自分でそれを購入してその売上をAppleから受け取ることで、資金洗浄を行うというものです。

The Daily Beastの取材に応じたネット詐欺師の一人は、その資金洗浄の手口を「あまりに単純なことさ」と語っています。

彼らの手口は、まず「本物の音楽」を制作すると、「CD Baby」のような音楽出版会社に代金を支払い、iTunesストアで自分たちの作った楽曲を配信します。CD Babyは、iTunesストア、Spotify、Amazonミュージックなどの音楽配信サービスに自作の楽曲を出版することができるサービスです。

「CD BabyやiTunesに怪しまれないように、音楽はちゃんと作らないといけないんだ」と詐欺師。

配信の申請からしばらくして楽曲がiTunesにアップされると、詐欺師は大量の「iTunesギフトカード」を用意します。これらのカードはアンダーグラウンドで流通しており、その中にはiTunesカード詐欺などによって詐取されたものもありますが、詐欺師らがiTunesカードを選ぶその理由の一つとして、The Daily BeastのJoseph Cox氏は「ギフトカードにはある程度の匿名性があり、その購入時に個人情報を渡す必要がほとんどない」という点を挙げています。

個人間取引でiTunesカードを調達しているというこの詐欺師は、このカードで自作の楽曲を大量に購入し、Appleが定めたレートにしたがってその売上を受け取ります。

このようにして詐欺師はBitcoinをiTunesカードに換え、それを現金に換えることで資金洗浄を行うわけですが、実際に大量に購入を行うのはとても骨の折れる作業のようで、詐欺師も「非常に面倒だ」とのこと。

彼らは一気に資金洗浄を行うことはなく、3年間で最も洗浄した金額も12万ドル(約1300万円)程度であると語っています。

現時点でCD Baby、Appleともに、この問題について回答はないようです。

投稿をシェア

“ビットコイン資金洗浄の最新手口はiTunesでの楽曲販売” への5件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。